国内航空券を買うときに知っておくといい話

LCCにするか?レガシー・キャリア(JALなど)にするか?

目的地や時期により該当しない場合がありますが、主要都市間の料金はLCCのほうがお得です。ただし、レガシー・キャリアでは受託手荷物や機内サービスなどが基本的に無料であるのに対して、LCCの場合は、チケットによっては有料となるケースがあり注意が必要です。
一方、レガシー・キャリアですが、一般的にLCCと比べれば高い料金設定です。ただし、「宿泊付」航空券を選ぶと、お得になる場合があります。行き帰りをLCCを使って、ホテルは別途利用した場合、レガシー・キャリアよりも割高になってしまうことがあります。
チケットの購入タイミングですが、搭乗の直前は、ほとんど割引がありません。2ヶ月前に購入すれば直前購入と比較して7割引というケースもありますので、搭乗する日が決まればできるだけ早めにチケットを確保すべきです。

いろいろな側面からの情報収集が不可欠

国内航空券は航空会社や条件によって料金が大幅に異なります。そこで欠かせないのが情報収集です。インターネットの「旅行比較サイト」や「料金最安値検索サイト」などで検索します。旅行会社や格安航空チケットの専門予約会社のみならず、チケットショップなどの料金からも比較したサイトがあります。逆転の発想として、旅行の目的地を最安値情報で決定するというプラン決定も楽しいかもしれません。
また、LCC各社のホームページを定期的にチェックしていると、不定期で「セール」を開催していることがあります。通常の半額以下での販売などがあります。セールが始まるとあっという間に売り切れてしまうので、サイトのメルマガ会員登録をするなど、情報レーダーを常に回しておくとよいでしょう。